HOME CULTURE & LIFE NEWS 『第30回 星空の映画祭』ー星空に手が届きそうな八ヶ岳の麓、真夏の夜にだけ現れる野外映画館

こんにちは、ヤツガタケ案内人です。

flyer

2015年7月31日〜8月23日、八ヶ岳自然文化園にて『星空の映画祭』が開催されます!!!
今年で30回目。毎年楽しみにされている方も多いのではないでしょうか。

かく言う私も『星空の映画祭』ファンの一人。

今回はヤツガタケ案内人流『星空の映画祭』の楽しみ方をご紹介します☆

1.前売り券はお早めに!

映画祭のチケットは大人1,200円ですが、7月30日(木)まで、お得な前売り券(1,000円)を販売しています。

会場となる八ヶ岳自然文化園や、茅野新星劇場等で購入することができます。

前売り券の詳細、前売り券販売協力店はこちらをチェック!!

2.寒さ対策をしっかりと!

会場は標高1300mの森の中。真夏とはいえ、夜は冷え込みます。
毎年、半袖半ズボンで来て、凍えている人を見かけます。笑

日中あったかくても油断禁物!

厚めの長袖と座布団的なものがあると、快適に映画を楽しむことができると思います。
途中で寒くなったり、おしりが痛くなったりすると辛いですからね。(経験談)

玄人は毛布とか寝袋とか持ってきていますよ。

突然雨が降り出すこともあるので、雨具の用意もお忘れなく。

3.星空屋台村で腹ごしらえ☆

昨年から始まった『星空屋台村』。
日替わりで軽食や飲み物の屋台が出ます。

星空の下、屋台やキッチンカーが並んでいる様子を見るだけで、ワクワクが止まりません!

4.大自然を感じる。

『星空の映画祭』の上映開始時間は20時。理由は簡単、暗くなるのが20時前だから。

19時の開場時点ではまだまだ明るい空が、上映開始にむけて、少しづつ暗くなっていく。
屋台やキャンドルの光が浮かび上がってきて、夕焼けが星空に変わって。
20時前になると、会場の明かりがパッと消えます。

一瞬のどよめきの後、しん、と静まる会場。
風の音、葉っぱがこすれる音、虫の音・・・いろんな自然の音が聞こえてきます。

野外映画祭ならではの夏の思い出。

ぜひ多くの人に体感してほしいです。

5.仮装してみる。

今年はどうなるかわかりませんが、映画祭のスタッフが、映画の登場人物の仮装をしている時があります。
ジャッキーチェンがいたり、ブルーズブラザーズがいたり・・・

スタッフが仮装する日を予想して自分も仮装して映画祭に臨んでみるのも楽しいかもしれません。

外してもきっと誰かが拾ってくれます!笑

一緒に映画祭を盛り上げよう!!


・・・とまあいろいろと書きましたが、映画祭の楽しみ方は人それぞれ!

真夏の夜に、特別な思い出を。

ちょっと覗いてみませんか?

星空の映画祭

期間:7月31日(金)〜8月23日(日) ※7,8日は「原村 星まつり」開催のため休映です

19:00開場/20:00上映開始

会場:八ヶ岳自然文化園 野外ステージ 〒391-0115 長野県諏訪郡原村17217-1613

料金:当日券 おとな1,200円/こども(小・中学生)500円/未就学児無料

前売り券 1,000円(販売は7月30日まで。こどもは当日券のみ)

雨天時も上映します ※雨よけテントあり。各自雨具を持参ください。雷雨・濃霧時は中止

HP: http://www.hoshizoraeiga.com

Facebook: https://www.facebook.com/hoshizoraeiga

Twitter: https://twitter.com/hoshizoraeiga

ヤツガタケ案内人
及川 結
八ヶ岳のおもしろい人を紹介していきます!
1991年生まれ。大学卒業を機に東京渋谷から茅野市に移住。
八ヶ岳山麓に住む個性的な人々に魅了され、2014年より「ヤツガタケ案内人」として活動。
2015年、八ヶ岳の魅力的な人・モノを集めたカタログギフト「八ヶ岳のギフト」を制作。
八ヶ岳の魅力を発信する、という名目で、面白い人に会いに行くのが趣味。
Facebook