HOME CULTURE & LIFE COLUMN Vol.2 「八ヶ岳暮らしの小道具」
八ヶ岳に単身赴任してきたオトコの日々の暮らしのちょっとした、でも幸せを感じる日々のコトやモノを紹介。ちなみに妻と小学6年生の娘はバリバリの都会っ子。

こんにちは、はやしです。
所謂ガジェットが大好き、とりわけ社会人になってからは自分で稼いだんだから好きなもの買っちゃうぜ~ってガジェット経験値を無駄に上げていましたね。
八ヶ岳に移住した今もそんなモノ好きの性格は変わっていませんが、興味の対象、つまり欲しいものや使いたいものは、その生活環境の変化に合わせて必然的に変わってきました。
そもそも、八ヶ岳では、ガジェットと呼ぶのはなんか合わない、ちょっと恥ずかしい。「小道具」って呼んだ方がしっくりきますね。

さて、先日東京の家族の元に戻った時に、「東京サラリーマン時代にどんなもの使ってたかな〜」と家捜ししてみました。
で、出てきたのがこんな感じです。

ゼロハリバートンのアタッシュケース 重いです、中身と合わせると5キロは超えます。これ持って満員電車に乗って1時間以上の通勤は筋トレ以上の効果がありますね。というわけでほとんど使いませんでした。今、物入れになってました。

長財布。そう、お金持ちになれるという長財布。そう簡単にはなれませんね。

太田胃散とイヴA錠。売上に追われる毎日、ましてや5年先の売上の金額なんてわかりません。頭痛と胃痛は友達でした。

スターバックスカードとおしゃれなスーパーのポイントカード。朝の一杯、お昼の一杯、3時に一杯、スタバ恐るべし。

素敵な南の島の本。現実逃避のため南の島の本は欠かせませんでした。

キーホルダーにつけてたミニライト。つけてただけで特に使いませんでした。

エスパドリーユ。素足に履けば気分は南仏コート・ダジュールなやつ。

こうして改めて眺めてみると生活環境の変化だけでなく、その頃の時代性も映し出していて我ながら恥ずかしい興味深いものがあります。

では、八ヶ岳で暮らす今はどんな小道具を使っているのか?普段の暮らしに欠かせないものはなんなのか? ご紹介していきたいと思います。ちなみに完全なる僕の私見と嗜好に基づいたものなのでご了承ください。

サコッシュ。 山歩きする人に近年人気の斜めがけバッグです。サコッシュとは、サイクルロードレースでレーサーに渡すドリンクなどの補給食を入れるために使用されるショルダータイプのバッグのことです。極めて薄く、軽いのが特長です。八ヶ岳に暮らす人は、滑る、転ぶ、荷物を運ぶ、子供たちと遊ぶなどの日常茶飯事に備えて常に両手をあけておかなければなりません。サコッシュの無駄のない機能性やデザイン性はそんな八ヶ岳暮らしにぴったり合います。

ウォレット。 コンパクト&軽量なもので十分です、さらに防水だと安心ですね。究極のスタイルは密閉ビニールバッグ、防水&超軽量なので山に入るときはこれ↓がいい塩梅です。

ポイズンリムーバー。 こちらに来てからは頭痛や胃痛はかなり減りましたが、夏になるとスズメバチやブヨがブンブン飛んでてちょっと怖い。去年の夏、ブヨに足首を刺されたんですが、これ持ってたのに机にしまいこんでて使わなかったら3週間くらいは痛痒くて後悔しました。少しでも症状を軽くするためにもこれからの季節、外出時は常に携帯しないと。

ハッカ油の虫除け。ハッカ油・無水エタノール・水で自家製虫除けスプレー作ってます。

みんなのテンホウポイントカード&Aコープポイントカード。 出ました、このエリアど定番のソウルフード、みんなのテンホウ。美味しいお店は他にもたくさんあるんだけど、なぜか食べたくなってしまう、何はなくともみんなのテンホウ。
そしてAコープ、単身ダンシの賢いお買い物には欠かせないスーパーです。何気に嬉しい夕方以降の30%オフお惣菜。

おしゃれな料理本。家族が来たら、友達が来たら美味しい料理張り切って作っちゃおう、と眺めていますが、実際には活用されていない、、、

高照度LEDライト。いやいやあの東京でキーホルダーにつけてたミニライトじゃ全く通用しませんでした。八ヶ岳は星がとっても綺麗に見えるんです、つまり夜は真っ暗闇。ほんと何も見えない、一寸先は闇。決して暗闇で気軽に肩とか叩かないでくださいね、裏声出ちゃいますから。必需品です、コレ。

以上、これからの季節に欠かせない私的八ヶ岳暮らしの小道具、紹介させていただきました。

さて、今一番欲しいものは何かというと、鹿の角! このエリアのちょっとおしゃれなカフェとかおうちには必ずと言っていいほどあるんです。さりげなくインテリアとして置かれていたり、ドアの把手として使われていたり。「どこで手に入れたんですか?」と聞くと、皆さん口を揃えて、「道の脇に落ちてたのを拾って来ました」と。それ以来、朝早く起きて散歩するときはキョロキョロしてるんですが、ぜんぜん落ちてないし。

八ヶ岳に暮らしていると、都会生活ではすっかり忘れてしまっていたこと、人間は自然のほんの一部のちっぽけな存在であり、自然の中で生かされているんだという本質的なことを感じる機会が多々あります。
自然を感じる人間らしい暮らしに合わせて道具を揃える、そんなこともちょっと楽しい八ヶ岳暮らしです。

角見つけるぞ!

ヤツガタケ単身ダンシ
はやし
東京で23年間、エンターテイメント系の会社でサラリーマンをした後、2007年に独立。それを機に「日々の暮らしを楽しむ」をテーマに掲げ、気がつけば2014年春、単身で八ヶ岳に移住。ちなみに妻と小学6年生の娘はバリバリの都会っ子。兵庫県で生まれる。広島&横浜育ち。
Facebook