HOME CULTURE & LIFE EVENT 縄文遺跡に地区ボランティア…茅野の魅力をたっぷり味わう!「みんなのサロン」次回3月9日

寒天ってどうやって作っているの?
縄文遺跡はどうやって発掘されているの?

地元のことって、とても身近なものなのに意外と知らないことがたくさんあります!

そんな意外と知られていない茅野市の魅力を、より新たな視点で知ってもらうため、地元の方々の取り組みを直接うかがい、実際に見て体験する「みんなのサロン」を開催いたします。

体験内容は『天然寒天って何? 現場に行こう!』『どうやってるの? 縄文遺跡の発掘調査』『「食」でつなごう! 地域のくらし』の3種類。
残念ながら、工場を見学しながら寒天作りを学ぶ『天然寒天って何? 現場に行こう!』は開催終了してしまいましたが、残りのイベントも茅野の魅力がたっぷりつまったものばかりです。

参加費は無料です。
茅野市の魅力を発見しに、ぜひお気軽にご参加ください。

「ちのを編む みんなのサロン」概要

その2 どうやってるの? 縄文遺跡の発掘調査

八ヶ岳山麓の豊かな縄文文化。茅野の大切な宝ものです。市内には国特別史跡の尖石遺跡をはじめ上之段、駒形など多くの縄文遺跡があり、その数は230を超えます。発掘調査には地元の皆さんが関わっており、国宝「土偶」(縄文のビーナス)などさまざまな発見を生んでいます。調査がどのように行われているか、市民の作業員・補助員の皆さんから体験談をうかがいます。

日程 2019年3月9日(土)
時間 10:00~12:00
会場 茅野市尖石縄文考古館(茅野市豊平4734-132)
料金 無料
定員 80名(当日受付可)
話し手 茅野市発掘調査作業員・発掘調査補助員の皆さん
進行 小池岳史(茅野市尖石縄文考古館係長)
申込み・お問い合せ 茅野市美術館(茅野市民館内)
〒391-0002 長野県茅野市塚原一丁目1番1号
TEL: 0266-82-8222(受付9:00~20:00 火曜休館)

その3 「食」でつなごう! 地域のくらし

市内で活動する地区ボランティア。そのなかから豊平地区の皆さんにお話をうかがいます。お茶のみサロンや料理教室、お年寄りへの宅配弁当づくりといった食にまつわる活動では、天寄せなどの郷土料理や味わいを考えたメニューなどひと工夫。声をかけあい、食べる楽しみを手から手へ。生き生きとした地域のくらしをつないでいます。

日程 2019年3月21日(木・祝)
時間 10:00~12:00
会場 豊平地区コミュニティセンター(茅野市豊平2321-1)
料金 無料
定員 15名
話し手 豊平地区ボランティアの会の皆さん
進行 野明香織(茅野市市民活動センター『ゆいわーく茅野』)
鈴木敦子(社会福祉法人茅野市社会福祉協議会)
申込み・お問い合せ 茅野市美術館(茅野市民館内)
〒391-0002 長野県茅野市塚原一丁目1番1号
TEL: 0266-82-8222(受付9:00~20:00 火曜休館)

詳しくはこちら
茅野市ミュージアム活性化事業
http://www.chinoshiminkan.jp/chino-museum/

茅野市民館案内
茅野市民館
市民一人ひとりが主人公になれる場所
茅野市民館は、劇場・音楽ホール、美術館、図書室、レストランなど、さまざまな機能を合わせ持ち、利用する方によって多様な使い道のある施設やスペースからなる、文化複合施設です。
「市民一人ひとりが主人公になれる場」の理念のもと、建設計画から市民が直接参加してつくられました。
JR茅野駅東口に直結した立地。さまざまな表現やアートに親しみ、文化をつくり、人々が集う、地域の交流拠点を目指しています。

[施設情報]
茅野市民館指定管理者 株式会社地域文化創造
〒391-0002 長野県茅野市塚原一丁目1番1号
電話番号:0266-82-8222 FAX番号 0266-82-8223

[開館時間] 午前9時~午後10時
(図書室、常設展示室は午前9時~午後7時)

[受付時間]午前9時~午後8時

[休館日]
火曜日(火曜が祝日の場合は、その直後の休日でない日)
年末年始(年末年始12月29日から翌年1月3日まで)
ピックアップ
Facebook