HOME CULTURE & LIFE FOOD 夏だっ!八ヶ岳産のトマトでゼリーを作ろう!

みなさん、こんにちは。ヤツガタケシゴトニンたかすなです。

最近の八ヶ岳は日中暑い日が続き、だいぶ夏らしい気温となってきました。
そこで今回は夏らしく、ゼリーを作りたいと思います!
今回使用するのは、八ヶ岳産の「中玉トマト」です。

img1

八ヶ岳産中玉トマトの特徴

ゼリーに加工する前に、使用する八ヶ岳産中玉トマトを観察してみました。

見た目

img2
鮮やかな赤色で、ピンポン玉ほどの大きさがあります。
果皮はつるつると滑らかで、しっかりと張りがあります。

img3
一口かじってみると口の中にじゅわーっとトマトの旨みが広がっていきました。
トマト特有の酸味・甘味がそれぞれ主張しすぎず、バランスの取れたマイルドな美味しさを感じます。
とっても食べやすい味です。

八ヶ岳産中玉トマトでゼリーを作ってみた

今回は、生のトマトと火を通したトマトとでどのような違いが現れるか実験してみました。

①荒めに潰したトマトゼリー(煮)
②荒めに潰したトマトゼリー(生)
③細かく潰したトマトゼリー(煮)
④細かく潰したトマトゼリー(生)

トマトゼリー(2カップ分) 材料

img4
中玉トマト    2個
砂糖       60g
レモン汁     大1
水        150cc
ゼラチン     4g
水(ゼラチン用) 大1

作り方

煮る場合の作り方になります。
生のトマトゼリーにする場合は煮ずに全ての材料を混ぜてください。

  1. ゼラチンに水を加え、ふやかしておきます。
  2. トマトは皮をむき、適当な大きさに切ります。
    細かく潰す場合、フードプロセッサーに入れます。
  3. なべに②のトマトと砂糖、レモン汁を加え軽く煮詰めます。
  4. ③に①のゼラチンを加え、溶けたら容器に入れ、冷蔵庫で冷やし、完成です。

トマトゼリー完成!それぞれ食べ比べてみた

img5
4種類のトマトゼリーが完成しました!
早速試食してみます。

①荒めに潰したトマト(煮)
img6
口に含んだ瞬間口の中に甘味がふわっと広がりました。
少し残った酸味がまた美味しさを際立てます!
荒く潰したトマトの部分を食べると、まるで果物のような美味しさです。
オススメ度 ★★★★☆

②荒めに潰したトマトゼリー(生)
img7
トマトそのままの味がだいぶ残りました。
生のトマトを食べているようで、それでいてしっかり甘味があり、とても美味しいです。
オススメ度 ★★★☆☆

③細かく潰したトマトゼリー(煮)
img8
口ざわりがとても滑らかで食べやすいです。
滑らかになっている分荒く潰したものよりも甘く感じる気がします。
甘くてとても美味しいです!
オススメ度 ★★★★★

④細かく潰したトマトゼリー(生)
img9
生のトマトの味がありますが、口ざわりが滑らかで食べやすいです。
オススメ度 ★★★☆☆

感想

トマトとゼリーの相性はかなりよさそうです!
果物を食べるようにパクパク食べられます。
八ヶ岳の新鮮なトマトだからこその美味しさもあると思います!

ぜひ皆さんも新鮮な八ヶ岳のトマトを食べるために、八ヶ岳にトマットいで!

八ヶ岳探検隊
たかすな
八ヶ岳に関わることを紹介します!イベントも行きます。
2015年4月頃から八ヶ岳に移住。
八ヶ岳エリアの気になる場所・イベントに行き、ご紹介できればと思っています。
甘いものが好きです。大好きです。
Facebook