HOME CULTURE & LIFE OTHER ミネラル豊富な茶褐色の温泉!白州「尾白の湯」へ疲れを癒やしに行ってきました

こんにちは。たかすなです!

私は普段デスクワークなので、日々つらい肩こりに悩まされています。
なので今回は、バキバキの体を癒やすために温泉に行くことにしました!

訪れたのは白州「尾白の湯」

「白州・尾白の森名水公園 べるが」の敷地内にある「尾白の湯」です。
なんとこの温泉、日本最高級のミネラル含有量を持つ天然温泉だそうです!すごい!
疲労回復・温熱の効果が抜群とのことで、肩こりへの効果もだいぶ期待できますね。

通路からは広々としたお庭が見れます。
バックの山がいい感じですね~。

まずは内湯で体を温めます

内湯は「全身浴」「寝湯」「打たせ湯」の3種類。

こちらが内湯のメインの湯「全身浴」ですね。
窓が広く、外の光がしっかり中にはいるので、内湯なのにとても広々とした気持ちになりました。
お湯の温度も、体感40~42度くらいでちょうどよく浸かってることができますね。
階段の段差がなだらかなのがとてもありがたいです。

また、「寝湯」や「打たせ湯」もあるので、ちょっと気分を変えて入浴することもできます。
サウナも2種類ありますよ!

内湯でちょっとびっくりしたのは、休日で特に人が多いのに、室内で息苦しさを感じなかったことですね。
しっかりと換気されているということでしょうか。

おまちかね!露天風呂

露天風呂は「名水露天風呂」「源泉露天風呂」の2種類。

まずは「名水露天風呂」
内湯も同様だそうですが、源泉と白州尾白川天然水の名水を1:9の比率で混合した温泉だそうです。
それでも相当の濃度があるそうですが、入ってみた感じでは特別濃いなーという感じはなく、さらさらとしていいお湯でした。
湯の温度は内湯よりも低く感じました。外の風を浴びながらゆーくり浸かることができるので、私はこれくらいの温度が好きです。

そして茶褐色の「源泉露天風呂」
まるで泥水のように濁った色をしていますが、溶存成分1kg中30000mgを超えるミネラルたっぷりの日本最高級超高濃度温泉だそうです。
足元が全く見えないほどのお湯の濃さ!入る時少しドキドキしますね。

お湯に入ってみると、少しベタベタしているような感じで気持ちよかったです。濃度が高いと普通のお湯とはやっぱり違うんですかね。
そして、直接お湯を口に入れなくても感じるしょっぱさ!お風呂でしょっぱいなんで感じることがなかったので、不思議な感覚です。
お湯の温度はこちらも少し低めですので、ゆーくり浸かって芯から温まることができます。

しばらく浸かっていると、驚くほど肌がすべすべしてきます。
お湯に浸かっている部分なんて摩擦がないんじゃないかと思うくらいツルッツルです!これはすごい!!
かなり効果はありそうです!

露天風呂ですが、写真で見るよりも、びっくりするくらい広さを感じます。
外湯の敷地がとっても広く取ってあるので、囲いの高さが気にならず、空が広々と感じられます。
こんなに開放的な露天風呂は他に見たことがありません!
なんだか気持ちも開放的になり、とってもリラックスできました。

まとめ

結局2時間近く湯船に浸かっていました。笑
お湯の温度が低めの温泉ですので、熱いお風呂が好きな方にはちょっと物足りないかもしれませんが、低めの温度でゆっくり浸かりたい方にはとてもおすすめです!

お風呂からあがる頃には、あれほどバキバキだった肩も、羽のように軽くなりました。
お肌もツルッツルッ!

疲れもストレスもかなり取れると思いますので、日々の仕事に疲れた方など、週末ぜひ「尾白の湯」に来てみてください!
また、「白州・尾白の森名水公園 べるが」は自然に囲まれた観光地です。
昼間はべるがで遊び、夜は温泉で疲れを癒やす、なんて観光プランもおすすめです!

尾白の湯

住所 山梨県北杜市白州町白須8056
営業時間 10:00~21:00(最終受付20:30)
定休日 水曜日
料金 大人=820円/小学生=420円
ホームページ べるが http://www.verga.jp/
尾白の湯 http://www.verga.jp/?page_id=39
八ヶ岳探検隊
たかすな
八ヶ岳に関わることを紹介します!イベントも行きます。
2015年4月頃から八ヶ岳に移住。
八ヶ岳エリアの気になる場所・イベントに行き、ご紹介できればと思っています。
甘いものが好きです。大好きです。
ピックアップ
Facebook