HOME CULTURE & LIFE COLUMN Vol.3 カラスビシャク~夏の半分とへそくりの話〜
季節ごとの八ヶ岳の日々、音、響きを感覚全開で綴ります。

カラスのヒシャクという、童話に出てきそうな名前を持つ植物を知っていますか?
この季節、草むらや道端などで、スマートな首をすっと伸ばしてその存在を控えめに主張します。

葉っぱは三枚。その脇からしゅっと茎が伸びて、不思議なカーブを描くものを頭につけています。

この不思議なカーブを描くもの、仏炎苞(ぶつえんほう)と言います。

苞(つと)とは、つつみ、おみやげもののこと。

仏炎とは、仏像の後ろにある光背(こうはい)のことです。(写真はWikipediaより)

この、神様が計算して作ったとしか思えない美しいカーブの苞の中に、カラスビシャクの花はひっそりと包まれているのです。

カラスビシャクを掘ってみると丸い形の球茎(きゅうけい 地下茎の一種)が出てきます。

この球茎は半夏(はんげ)という美しい名前の生薬で、去痰、鎮吐、鎮静効果があります。

昔の農家さんたちは、農作業の合間にこの半夏を採って薬屋さんに売っていたそうです。なので、カラスビシャクには、「へそくり」という別名があります。

半夏は、節分、彼岸、土用などと並ぶ暦の中の言葉にもなっていて、カラスビシャクが生える頃、夏至から数えて11日目にあたる、7月2日ごろを半夏生(はんげしょう)と言います。

昔の農家さんにとってこの半夏生は大切な日だったようで、この日までに畑仕事を終えたり、田植えを終える目安になっていたそうです。

また、長野県の佐久のあたりでは、「はんげにんじん、なわしろごぼう」と言って、ニンジンやゴボウの種を蒔く目安としていたそうです。

こんな風にかつては私たちの暮らしの中にあり、とても大切にされていたカラスビシャクは今が盛りの時期です。

カラスビシャクを見ると、人々の暮らしと暦、農、薬、全てが繋がっていた頃のことが胸に浮かぶのです。

おまけの話

カラスビシャクはサトイモ科の植物なのですが、先述の仏炎苞を持つ花はサトイモ科の花の特徴で、他にもミズバショウ、マムシグサなどがあります。

それからサトイモ科の植物には毒があるものが多く、カラスビシャクの球茎もそのままの状態では毒があります。

ミズバショウ、マムシグサも同様に毒があります。コンニャクもサトイモ科の植物ですが、そのままでは毒があります。

そう考えると、サトイモ科の植物の中でそのまま食べられるサトイモやタロイモは、存在自体が素晴らしい奇跡の植物だと私は思っていて、食卓にサトイモのお料理を出すとき、「サトイモはね、奇跡の植物なんだよ」と毎回言ってしまい、子供たちに鬱陶しがられています(笑)

kigiワークショップのご案内

草花の観察とセルフケアのワークショップを主催しています。

6月は、野草観察とバッチフラワーレメディーにも使われる植物、スイカズラ(ハニーサックル)を使った化粧水とフェイスクリームづくりです。季節の野草を観察し、原料の湧水を汲みに行くところから始めます。

https://kigi.amebaownd.com/posts/2361347?categoryIds=541588

7月はお台所から始めるセルフケア。

7/2(日)は「塗る漢方」と言われる紫雲膏づくりのワークショップ。原料になる薬草の観察から始めます。

https://kigi.amebaownd.com/posts/2394310?categoryIds=541588

7/9(日)は、よもぎオイルづくり。アーユルヴェーダでも使われる良質なごま油で、摘みたてのよもぎの成分を時間をかけて抽出します。

https://kigi.amebaownd.com/posts/2406592?categoryIds=541588

薬草専門家 Kigi
波多野ゆふ
足元の薬草と共に在る暮らしを提案しています。

薬草は特別なものではなくいつでも私たちの足元にあり、古来の人々は感謝と共にその恩恵に預かってきました。

その人に必要な薬草はその人の足元に生えており、同じ時間と場所を共有している薬草を暮らしの中に取り入れることは、生きていくうえで大きな安心感につながると感じています。

薬用植物園勤務、ハーブ講師を経て、現在は薬草専門家Kigiとして、薬草講座や薬草観察会、足元の薬草を使ったコスメづくりや薬草を使ったお手当のワークショップを開催しています。

私たちと変わらない命を持った植物の生き方を、なるべく詳しくお伝えすることを心がけています。
ピックアップ
Facebook