HOME CULTURE & LIFE PERSON 「ヤツガタケに生きる人」第7弾 竹森大気

こんにちは、ヤツガタケ案内人です。シリーズ「ヤツガタケに生きる人」、第7弾は白樺湖のほとりに佇むホステル「レイクサイドホステル ジル白樺湖」の竹森大気さんを紹介します!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

失敗しても死なない。やりたいことをドンドンやる。

竹森さんは横須賀生まれ。旅が好きで、国内外の様々な場所を訪ねながら、自分も将来はどこかで商売をしようと考えていたそうです。場所も業種も決めずに、インターネットで賃貸の営業用物件を探していたところ、車山のペンションが経営者を募集していることを知ります。「じゃあやってみよう」と2013年に車山に移住しました。

車山に来たのは、ペンションを見に来た時が初めてだったそうです。
「初めて来たのが11月で、観光客も全然いなくて正直不安でしたね。でも、なんとかなるかなと思って。失敗しても死ぬわけじゃないので、自分のやりたいことをドンドンやっちゃった方がいいですよね。」

1年半、車山でペンションの経営をした後、白樺湖の元旅館を改装して「レイクサイドホステル ジル白樺湖」を始めます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA↑白樺湖の目の前!

格安!ファミリーで楽しめるホステル。

白樺湖のほとりで格安の宿「レイクサイドホステル ジル白樺湖」を営んでいます。

宿泊料金は
ドミトリー(男女別)1泊3,000円
個室 1泊3,500円
未就学児 1泊1,500円
宿泊者全員に朝食付き!

さらにさらに!
・スキーセット(板、ストック、ブーツ)  500円
・スノーボードセット(板、ブーツ)  500円
・ウエア上下  500円
でレンタルできるのです!

まさに格安。
ホステルはバックパッカーが使うイメージがありますが、個室がメインなのでファミリーでの利用も多いそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA↑安すぎて怪しまれているようです(笑)。安心してください。素敵な宿です。

キッズ用のプレイルームがあったり、共用ラウンジの大画面でWiiができたり、お子様が楽しめる工夫もたくさんあります。ゲストの子ども同士が仲良くなって一緒に遊ぶ微笑ましい空間になっています。

もちろん大人同士の交流もあり。

24時間使える大きなキッチンで料理をしていると、自然と酒盛りが始まります。
「めっちゃうまそうですね」
「あ、一緒食べます?」
「ぜひぜひ!うまい酒買ってきたんで」のような光景は日常茶飯事。

次の日の朝には「またここで会いましょう!」と挨拶する姿。竹森さんが、ホステルをやって良かった、と思う瞬間だそうです。

IMG_2058↑共用ラウンジの様子。

白樺湖はチャンスに溢れた場所。さらなる挑戦を。

今後の抱負を伺うと、「もっと白樺湖を盛り上げていきたいですね。誰もやらなかったら、自分で飲食店も開業しようかと思っています。」と話してくれました。

正直、今の白樺湖エリアは「活気がある」雰囲気ではありません。それにもかかわらず、四季折々の景観やレジャーを目当てに、毎年多くの人が白樺湖を訪れます。

「もともとのポテンシャルが高い分、新しいお店や宿が増えれば、すぐに白樺湖畔も盛り上がるはず。」
さらに「物件の値段も都会と比べたら桁違いに安いし、競合もいない。白樺湖エリアは、実はチャンスに溢れた場所だと思います。」と竹森さんは言います。

一緒に白樺湖を盛り上げる仲間も大募集とのこと。今後の白樺湖から、目が離せません!

竹森さん、ありがとうございました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA↑白樺湖で何か始めたい人!一緒に盛り上げましょう!

レイクサイドホステル ジル白樺湖
web: http://hostel-jil.com
facebook: https://www.facebook.com/lakeside.hostel.shirakabaco/?ref=ts&fref=ts

ヤツガタケ案内人
及川 結
八ヶ岳のおもしろい人を紹介していきます!
1991年生まれ。大学卒業を機に東京渋谷から茅野市に移住。
八ヶ岳山麓に住む個性的な人々に魅了され、2014年より「ヤツガタケ案内人」として活動。
2015年、八ヶ岳の魅力的な人・モノを集めたカタログギフト「八ヶ岳のギフト」を制作。
八ヶ岳の魅力を発信する、という名目で、面白い人に会いに行くのが趣味。
Facebook