HOME CULTURE & LIFE COLUMN Vol.2〜赤ちゃんと動物と植物の性格の話〜前編
季節ごとの八ヶ岳の日々、音、響きを感覚全開で綴ります。

赤ちゃんや動物に妙に好かれる人っていませんか?

言葉が通じなくても、目の前の赤ちゃんや動物が可愛いなあとか、好きだなあと思っていると好かれるし、反対に、苦手だなあ、どう接したらいいかわからないなあ、怖いなあと思っていると、赤ちゃんに泣かれたり、犬に吠えられたり。

赤ちゃんや動物は、相手の発している「気」のようなものを何となく察して反応しているんですね。

これ、同じことが植物や微生物に対しても言えるというのが私の持論でして。

植物や菌類も赤ちゃんや動物と同じように、こちらの気を察して反応しているような気がするのです。

なので、植物や菌類に対してこちらが邪な思いを持たず、心を開いていると相手も心を開いてくれていると感じるのです。

植物に対して心を開いていると、植物にも性格があることを感じることがよくあって、ますます植物が愛しくなってくるのです。

例えば同じような条件で写真を撮っても、ピントが何度でも合う子と、何回撮っても全くピントが合わず、そして撮ろうとすると必ず強い風が吹く子がいたり。(今回はアケビの花がそうでした。)これは、もう撮られたくないとしか思えない(笑)そういう時は、「わかったわかった。撮られるのいやなんだね。」といってすごすごと退散します。

かと思うと、一回で素晴らしい表情を撮れる子もいる。こういう子は自分の美しさを表現したくて、「撮って!」と言っているとしか思えない。それくらい完璧に一度で写真が撮れます。

【赤ちゃんと動物と植物の性格の話】後編はまた明日。

Kigi主催 園芸家 八ヶ岳中央農業実践大学校 ハーブ指導員 元八ヶ岳薬用植物園ガーデンキーパー
波多野ゆふ
Kigiという名前で、植物×瞑想のワークショップを主催しています。

植物や植物由来の物を素材としたコスメなどのものつくりが中心ですが、植物はもともとヒトのための素材として在るわけではなく、私たちと変わらぬ固有の魂を持った命としてそこにあります。Kigiのワークショップでは、素材として使わせてもらう植物の生態や生育環境をお伝えし、その植物の生き方を深く知ることを大切にしています。例えば精油一つとっても、元々は命ある植物だからです。そしてその植物の生きる姿に思いを馳せ、挨拶をした後でものつくりをするようにしています。

植物はただそこにいるだけで愛と平和そのものの存在であり、いつでも惜しみなく愛と平和を周りにも分け与えてくれています。私たち人間も、そんな植物のように在るための助けになればいいと思い、瞑想のクラスも主催しています。

E-mail: 08kigi@gmail.com
Facebook