HOME CULTURE & LIFE COLUMN 八ヶ岳を数字でひも解く「80」と「120」

こんにちは。スギモトです。
このコーナーでは私が八ヶ岳にまつわる数値を分析し、八ヶ岳を丸裸にしていきたいと思います。
「任せてください。私はこう見えて理系です」

20160108-80120

さて、記念すべき第一回目の数字は「80」と「120」を取り上げます。
さあ、何の数字でしょう?
検索エンジンで「80」と「120」を調べると、こたつ布団のサイズが出てきますが、これは全く関係ありません。

これは都内から八ヶ岳までの所要時間なんですね。

photo0000-4074-compressor

高速道路で約80分。
JR特急で約120分。

この時間で八ヶ岳に着いちゃいます(小淵沢駅、小淵沢ICを基準に算出しました)。

私が八ヶ岳に移住してから友人に
「八ヶ岳ってどこやねん。」
「八ヶ岳って遠いんでしょ?」
と尋ねられることがしばしば。

そこで私は声を大にして言いたい。
「八ヶ岳は都内から意外と近いんだぞ!」と。

a0003_001446-compressor

なんなら日帰り旅行で行ける距離です。
八ヶ岳には都内から80分で温泉もたくさんあり、美味しいお店、美しい景色もたくさんあります。
次の週末は都内でショッピングもいいけど、ちょっと足を伸ばして八ヶ岳に遊びに来ませんか?

八ヶ岳の数字 案内人
杉本 諒介
リピート型の観光モデルをつくる。リピート観光コーディネーター
神奈川県の湘南生まれ、東京育ち。悪い奴はみんな友達。
大学を卒業後、物流企業の特産品流通部門を経て、長野県八ヶ岳エリアに移住。
観光客が繰り返し来たくなる地域を目指して、観光Webサイト、ツアーを実施。
祖母が四万十川のほとりで小さな宿をやっていることもあり、全国の小さい宿を探して泊まるのが好き。
八ヶ岳の数字をもとに八ヶ岳の魅力を紐解いてみようと思います。
ピックアップ
Facebook