HOME CULTURE & LIFE COLUMN 気楽に瞑想2

kiraku1

こんにちは大島ケンスケです。

前回に続き、瞑想に関してのお話です。
現在僕は八ヶ岳の麓で「気楽な瞑想会」という、文字通り「気楽」でゆるい瞑想を指導しています。
と言ってもそこでは瞑想だけではなくて、瞑想に関する話題を軸に、ものの見方を変えて、心が軽くなるお話を参加者の方と笑いながらお話しをさせていただいてます。
ちょっとした事で、人生はぐっと楽になります。今抱えている悩みも、実は違う角度から見たら、何の問題もなかったと気づいたりする。
瞑想は、自然とそのような「気づき」を得やすくなるツールなのです。
我々の脳は非常に優秀、有能にも関わらず、その機能のほとんどを使いこなせていないというようなお話し、聞いた事ありませんか?一説によると機能の5%くらいしか使っていないそうです。
meiso2-2
瞑想すると、まず心身がリラックスします。そのくつろいだ状態にただただ身をゆだねると、普段使われてない脳が活性化するとも言われています。だからもし普段の5%が、6%、7%と高まれば、生活は大きく変化すると思いませんか?

さて、瞑想とは「なんにもしない事」と、前回もお伝えしました。しかし実際やってみるとわかるのですが、なんにもしないと、自然と何かを思い出してたり、予定を考えてしまったり・・・。そう、いわゆる「思考雑念」というものに囚われてしまう。
この思考雑念が沸き起こるから「私は瞑想できてない」と、ついつい思ってしまいがち。
しかし、瞑想は『心のお掃除』なのです。お掃除するとホコリが立ちますよね?この思考雑念は、掃除の際に出る埃や、まとめたゴミのようなものなのです。
僕だって瞑想中、必ず思考雑念が沸き起こります。しかし、それでいいんです。自然に、あるがままに放っておくのです。
雑念が湧いたなぁ、考え事しているなぁ、と自分の状態に「気づく」。それでいいんです。ただ、自分に「気づき続ける」。それが自分と向き合うという事なんです。
なんとなく分かっていただけでしょうか。
でもいきなり一人で始めようとしても、やっぱりよく分からなくて不安になるかもしれません。だから最初は経験者にちょっとしたコツや心得なんてものを教えてもらうといいと思います。

そんなわけで、僕は八ヶ岳の麓で、心が自由になるためのお手伝いをしています。どうぞ気楽に遊びに来てください。

meiso2-1
申し込み お問い合わせ
meisoutoyama@gmail.com
Facebook「八ヶ岳 気楽な瞑想会」 https://www.facebook.com/kirakunameisou/?fref=ts
アメーバブログ「FREEDOM」http://ameblo.jp/mera1978

小説家 音楽家 瞑想家
大島ケンスケ
1978年生まれ。北海道小樽市出身。20歳で上京。都内でライブ活動、作曲、編曲、音源制作に携わるが体調不良により一時活動休止。その後様々な健康法や養生法を追求し、健康を取り戻す。活動休止中に出会った小説に大きく影響を受け、音楽活動から小説執筆に移行する。様々な仕事を経験しつつ、インターネットでの小説投稿や、ブログ執筆を行う。2013年に長野県富士見町へ家族で移住。北杜市長坂町で自然農の研修を受け、農にも親しむ。現在は、アコースティックでのライブ活動、瞑想指導なども行っている。合気道、修行中。
Facebook